ピーナッツの通販・お取り寄せは落花生専門店の鈴市ショッピングサイトへ

ブログ

ピーナッツバターの作り方(無糖、有糖、クランチ、薄皮入り)【レシピ】

お家で簡単♪自分好みのピーナッツバターをアレンジして作ろう! ピーナッツ専門店ならではの美味しい作り方をピーナッツクリームのレシピ4選と共に紹介。失敗しないコツや保存方法、人気ピーナッツバターの選び方も。素材のお取り寄せもできます。

自分好みのピーナッツバターを作ろう!

市販のピーナッツバターにたくさんの種類があるのは、食べやすくしたり、甘みを加えたりしているから。 次の6種の素材を組み合わせて味の調整をすると自分好みのピーナッツバターを作れます!

ピーナッツバターは用途によって入れる素材を変えよう。
用途や好みによって入れる素材を変えよう!
素焼きピーナッツ薄皮をむいて良い実だけを確認して使いましょう。深煎りにすると香りが増します。
砂糖 お好みの甘さに調整できます。粉糖を使うとジャリジャリせず滑らかになります。
食塩 少しだけ入れると自然の甘みが引き立ちます。
植物油 適量混ぜるとトロトロになり食べやすくなります。
ピーナッツの薄皮 薄皮の健康成分ごと摂取できます。香りも出ますが苦みも出るので一緒に砂糖を入れると食べやすくなります。
刻んだピーナッツ ザクザク食感の粒々入りピーナッツバターになります。一番最後に加えましょう。

作り方はミキサーに入れて約5分かき混ぜるだけ!
(フードプロセッサー、すり鉢でも可)

ピーナッツバターはミキサーで簡単に作れます。

最初は粉状になり、3分ほどで段々とペースト化していきます。全体がペースト状態になってさらに1~3分ほどかき混ぜてトロトロになったらピーナッツバターの完成です。

ピーナッツバターの作り方。ピーナッツから粉末、ピーナッツバターへの変化。

無糖ピーナッツバターの作り方。

ピーナッツは何も混ぜなくてもピーナッツバターになります。保存性も高いので作って置いておくと便利です。後で砂糖で味を変えてもOK!

基本の無糖ピーナッツバターの作り方。

材料、作り方

  • 薄皮を剥いた素焼きピーナッツ 300g

ミキサーに入れて5分ほどかき混ぜる。

加糖ピーナッツバターの作り方。

ピーナッツの素材本来の風味を最大限に感じれる砂糖有りのピーナッツバター!味の調整は最小限に、植物油で薄めず、 砂糖控えめで優しい甘みのレシピです。

パンのお供に最適のオーソドックスな濃厚ピーナッツバターの作り方。

材料、作り方

  • 薄皮を剥いた素焼きピーナッツ 300g
  • 砂糖 20g
  • 食塩 1g

ミキサーに入れて5分ほどかき混ぜる。

クランチ(粒入)ピーナッツバターの作り方。

粒入りザクザク食感!そしてちょっぴり甘めだから小さなお子さんでも楽しく食べられます!硬くて食べにくいピーナッツバターも植物油を少し足すと滑らかになってパンにも塗りやすくなります。

粒入りはザクザク食感で食べて楽しい!クランチピーナッツバターの作り方。

材料、作り方

  • 薄皮を剥いた素焼きピーナッツ 300g
  • 砂糖 30g
  • 食塩 1g
  • 植物油 20g
  • 刻んだ素焼きピーナッツ 60g

ミキサーに入れて5分ほどかき混ぜて取り出し、最後に刻んだピーナッツを加える。

薄皮入りピーナッツバターの作り方。

薄皮効果で香りアップ!さらにピーナッツの薄皮にはレスベラトロールという注目のポリフェノールが含まれていて健康志向の方は薄皮ごと食べるのがオススメ。ただ、ピーナッツの薄皮には少し苦みがあるので砂糖を加えた方が食べやすくなります。

ピーナッツの薄皮の健康効果を丸ごと摂取。薄皮入りピーナッツバターの作り方。

材料、作り方

  • 薄皮を剥いた素焼きピーナッツ  300g
  • 砂糖 35g
  • 食塩 1g
  • 植物油 20g
  • ピーナッツの薄皮

ミキサーに入れて5分ほどかき混ぜる。ちゃんと薄皮を剥いて良い実を厳選して使いましょう。

ピーナッツクリームのアレンジレシピ集。
ピーナッツバターをアレンジして楽しもう! パンケーキやアイスに混ぜてもOK♪

ピーナッツバター作りで失敗しないコツは?

  • 薄皮をちゃんと剥いて実を確認しましょう。変色した実が1つでも入ると香りが悪くなります。
  • ミキサーの壁にくっついたピーナッツは剥がしてかき混ぜるを繰り返しましょう。
  • ピーナッツの量はミキサーの3分の1くらいはあった方が成功しやすいです。
  • なかなかペースト状にならない時はレンジで30〜60秒ほど温めてみましょう。
  • なかなかペースト状にならない時は植物油を少し足してミキサーでかき混ぜてみましょう。
 ピーナッツは温まることで油が染み出てきて一気にペースト状になっていきます。
ピーナッツは温まることで油が染み出てきて一気にペースト状になっていきます。

ピーナッツバターの保存について

ピーナッツバターは意外にもかなり乾燥しているので水を避ければ常温保存で4ヶ月は保存できます。上で紹介したレシピもすべて常温保存ができます。

瓶詰めピーナッツバターは常温保存可。

さらに冷蔵庫ならもっと美味しさが長持ちします!夏場は冷蔵保存がオススメ!冷やすと固まりますが品質に問題はありません。使うときは結露を避ける為、蓋を閉めたまま常温にしばらく置いて自然解凍してから使いましょう。

ピーナッツバターは冷蔵保存だとおいしさ長持ち。
冷蔵庫は油の酸化が遅くなる!

夏場の常温保存の際には油分とピーナッツが二層に分離してしまうこともありますが全く問題はありませんのでかき混ぜて使用してください。

ピーナッツバターの油とピーナッツの分離。
分離するのは乳化剤を使っていない証拠!

ピーナッツバター作りにおすすめのピーナッツは?

千葉半立_ピーナッツバター作りに使える落花生

ローストピーナッツ (千葉半立)

千葉県産落花生の中でも一番おいしい品種「千葉半立」を美味しく素焼き。そのまま食べても美味しいピーナッツを使って作った贅沢なピーナッツバターは、きっと今まで食べた中で一番美味しいピーナッツバターになるでしょう。

 はねだし_ピーナッツバター作りに使える落花生

【訳あり品】はねだし落花生

お手ごろなはねだし落花生は主に見た目の理由(殻が黒い・割れているなど)ではね出された豆。でも殻をむいてしまえば問題なく使えます。少し手間ですが薄皮もしっかりむいて良い実だけを厳選して使うのがオススメです。

市販のピーナッツバターの選び方。

ピーナッツバターは色々なメーカーから販売されています。ここではピーナッツバターを選ぶ時の判断材料になることを紹介。

無糖(無添加) or 有糖 ?

  • 無糖ピーナッツバターはお菓子の素材、調味料など料理のお供にオススメです。甘さが欲しくなったら甘味を足して有糖タイプに変えられます。
  • 有糖ピーナッツバターはパンに塗って食べるのにオススメ。甘さ控えめなら料理にも使えます。
ピーナッツバターの無糖有糖は用途で選ぶのがオススメ。

濃厚ねっとりタイプ or 軽やかクリームタイプ?

  • ねっとりタイプはピーナッツだけ、もしくは植物油を少し足したピーナッツバター。 ピーナッツがたくさん入っているのでとっても濃厚です。
  • クリームタイプは乳成分や水飴、ショートニングなどが入っていて口当たり軽やかなピーナッツバター。気軽に食べたい方にお勧め。
濃いピーナッツバターか、軽やかなピーナッツクリームか。
濃厚さ重視? 食べやすさ重視?

粒入りだけじゃない!バリエーション豊かな○○入り。

ピーナッツバターは探すといろんな商品があります。オーソドックスな粒入りの他に、薄皮入り、チョコ、ハチミツ、ミルク、きな粉、ゴマなど。気になる味があれば一度試してみてはいかがでしょうか?

ピーナッツバター&チョコレートは人気の組み合わせ
ピーナッツバター&チョコレートは人気の組み合わせ。溶かして混ぜるだけでなので簡単につくれます。

食品表示欄を見てわかる事。

何がたくさん入ってる?

原材料表示欄には含有率が高い順に記載しなくてはいけないと法律で定められています。原材料の中でピーナッツが一番多く使われているピーナッツバターは一番最初にピーナッツ(または落花生)の表示があります。

ピーナッツの産地は?

ピーナッツは日本以外ではアメリカ、中国、インド、アフリカなど多くの国で生産されておりそれぞれ特色があります。国産のピーナッツは芳醇でやさしい甘みがあるので混ぜ物が少ない濃厚ピーナッツバターの素材として最高です。

食品添加物は使われてる?

原材料表示欄に/(スラッシュ)があればそれ以降は食品添加物になります。気にされる方はチェックすると良いでしょう。

  • 保存料はピーナッツバターの品質を保ちます。水あめや牛乳など水分がある食品を使ったピーナッツバターでも長期保存できるようになります
  • 酸化防止剤はピーナッツバターの油分の美味しさを保ちます。 ビタミンCなども酸化防止目的で配合すると添加物扱いになります。
  • 香料はピーナッツの香りを増す事ができます。ピーナッツ含有量を減らしてお手ごろ価格にもできます。
  • 乳化剤はピーナッツバターを安定化させ、油分とピーナッツの分離を防ぎます。
  • 着色料は色合いを調整します。

ピーナッツバターの関連記事

関連記事

落花生専門店の鈴市について

鈴市商店_店舗画像

落花生専門店の鈴市は千葉県木更津市にお店を開いて130年以上。落花生取り扱い優良業者3店として千葉県知事より表彰。落花生農家と直取引で中間コストをカットし、自社工場で作った美味しい落花生を全国にお届けしております。

詳しい紹介はこちら

最近の記事

ページ上部へ戻る