ピーナッツの通販・お取り寄せは落花生専門店の鈴市ショッピングサイトへ

ブログ

ツバメと鈴市のお付き合いの歴史

ツバメさんおかえり!

こんにちわ、鈴市商店の鈴木です。

今年もツバメさんが鈴市のお店に巣を作り始めました。

 今年は右の巣と左の巣どっちを使うのかな?早く赤ちゃん見たいなぁ

 

ツバメはかなり古くからのお客さん

僕の84歳の祖母が19歳の時に嫁に来た時には既にツバメが毎年巣を作りに鈴市に来ていたみたいです。それより昔の事は今ではもうわかりません。

鈴市商店のお店は昭和30年くらいに改装し今の形になりました。今のお店のドアは自動ドアですが、昔のお店は手動の木製の枠のガラス戸でした。そして当時ツバメはお店の外では無く、お店の中に巣を作っていました。昔はツバメの来る時期だけは早起きして、(開店時間よりだいぶ前なので)扉をちょっとだけ開けてといて親ツバメのエサ取りを邪魔しないようにしてました。ちなみに夜は戸を閉めて店内ですごし、鳴く事もなく静かにじっとしてたから特に気にならなかったそうです。ツバメの巣の真下はちょうど土間で汚れても問題ない間取りになってました。

 天井のこの辺に巣を作っていたらしい。改装しても天井の梁は同じものをそのまま使っているので、よく見れば巣の跡があるかも?

 

ツバメが来ると掃除がちょっと大変になります。糞が落ちちゃうんですね。人がいるときは親ツバメもあまり寄ってこないからそんなに注意する必要ないかもしれませんがご来店の際は頭上にお気をつけください。

 今年の糞受け&頭上注意看板はイラスト付きです!

 

そして始まる生存競争

といった感じで鈴市はツバメと仲良くやってきたし、だんだん大きくなっていく赤ちゃんがとても可愛いので親心というか、もう完全にツバメの味方なのですが、悲しいことに全てのツバメがちゃんと毎年巣立っていく訳ではないのです。カラスがどうにも厄介で巣を壊してツバメの赤ちゃんを食べちゃうんですよ。人間が寝静まった夜、少し明るくなってきた早朝に襲ってきます。しかもある程度ヒナが大きくなってから襲うという頭の良さ。近くの電線にとまってヒナの様子をじっくり見てるんですよこれが。カラスに襲われて誰もいなくなった無残な姿の巣を親鳥がずっと見てる光景はキツイです。昔は店内にいたから安全だったんですけどお店を綺麗に改装したらツバメさんには若干不利になってしまったというわけです。

それと意外に敵が身内いる年もあります。赤ちゃん同士の戦いが起きるんですね。丸い巣の真ん中にいるヒナは餌を貰える確率が高く良く育つのですが端っこのヒナは餌をもらえないことも多く、大きなヒナに巣から落とされてしまうことも結構あります。落とされるともう殆どダメなことが多いんですよ。近くの公園にミミズとか取りに行って餌をあげてたんですが上手く育ってくれません。ただ、時間差はあるけど全員巣立てる年もあります。

 

毎年子育ての場所に鈴市を選んでてくれるってのはなんとなく嬉しいですね。さて、今年は何匹巣立てるのか。もしかして他の場所に行っちゃうこともあるかも。いずれにせよツバメさん頑張って!

 

p.s カラスに巣を壊されない良い方法があったらコメントで教えてください(._.)

関連記事

落花生専門店の鈴市について

鈴市商店_店舗画像

落花生専門店の鈴市は千葉県木更津市にお店を開いて130年以上。落花生取り扱い優良業者3店として千葉県知事より表彰。落花生農家と直取引で中間コストをカットし、自社工場で作った美味しい落花生を全国にお届けしております。

詳しい紹介はこちら

最近の記事

ページ上部へ戻る