ピーナッツの通販・お取り寄せは落花生専門店の鈴市ショッピングサイトへ

ブログ

落花生(ピーナッツ)の殻のむき方&残った殻の使い道

 

普段落花生をむくときどうやって殻をむいていますか?「殻をねじって割ってむく」という方が多いと思いますが、そのやり方だと殻が散乱して散らかるし指も痛くなってきます。しかしちょっとしたコツをつかむと誰でも簡単に落花生の殻を簡単・綺麗・素早く真っ二つにすることができます!詳しくは上の動画をクリックして再生してください。

 

どんな落花生も簡単にむける?

一般的に市販されている煎りざやの落花生はこの方法で簡単に剥けます。煎りざやでも品種で比較すると中手豊より千葉半立の方が若干殻が硬いです。また、生落花生は焙煎した落花生より少し殻が固くて剥きづらいです。

 

落花生の殻の使い道は?

因みに、ピーナッツの殻には空気を綺麗にする効果があります。シックハウス症候群の原因のホルムアルデヒドを吸収する作用がある事が青柳象平・千葉大教授と国立医薬品食品衛生研究所の研究で判明しました。壁紙用接着剤や塗料に含まれるホルムアルデヒドは頭痛や吐き気などの症状を引き起こしますが、ピーナッツの殻を薄い紙に包んで4時間置くだけでホルムアルデヒドが80%改善!ミキサーで細かくしたものは90%も取り除くことができます。(参考:読売新聞 2003年6月15日)
また、細かくした殻は高い消臭効果もあり、布袋に入れておくだけでも高い消臭効果を得られます。からだに優しい天然素材で高い消臭効果を持つ殻は動物小屋の敷材や枕の詰め物など利用価値が高まっています。剥いて捨てるだけのピーナッツの殻には実は意外な使い方がありますね。
 

関連記事

落花生専門店の鈴市について

鈴市商店_店舗画像

落花生専門店の鈴市は千葉県木更津市にお店を開いて130年以上。落花生取り扱い優良業者3店として千葉県知事より表彰。落花生農家と直取引で中間コストをカットし、自社工場で作った美味しい落花生を全国にお届けしております。

詳しい紹介はこちら

最近の記事

ページ上部へ戻る